ニュース

初回版記念フォーラム開催します

学校の先生のための舞踊教育教材『ダンスリーフ』

日程:2014年11月24日(月祝)
時間:14:00~17:00 (受付:13:30)
参加費:500円(資料代等として)
会場:京都市東山青少年活動センター(京都市東山区)
http://ys-kyoto.org/higashiyama/access/
〒605-0862 京都市東山区清水5丁目130番地の6(東山区総合庁舎内2階)


学校教育現場で実践的なダンスの授業が展開できるよう、指導方法をまとめた「Dance Leaf」。
先生方が日々の授業で活かせるダンスの手法や指導法を紹介しています。

ダンス指導に積極的な先生はもちろん、ダンスの授業に苦手意識をもっている先生方にとっても、きっと目から鱗の教材です。

「ダンスとは振付があるもの」といった概念をお持ちの方は多いと思いますが、
この教材では、誰にでもできる体ほぐしや、ゲーム的感覚で取り組める遊びのエクササイズから初めて、楽しく身体を動かしているうちに‘いつのまにか’ダンスしている、という手法を数多く紹介しています。

どんな教材なのか、このサイトからも一部をご覧いただけますが、より具体的な解説と共に、先生自身の悩みを解決に導き、共有する場を持てないだろうかと考え、初回版完成記念フォーラムと題し、意見交換・研究の場を設ける事となりました。

フォーラムのテーマは、“ダンスは学びにあふれている!”。身体を使うこと、ダンスがどんな学びをもたらすか、それが既存の学校教育にどんなインパクトを与え、どんな影響が期待できるか、ということを、これまでの実践も踏まえながら、会場の皆さまと共に考えたいと思います。

もちろん、教員以外の方の参加も大歓迎です。ぜひ、ご来場ください。

内 容
1. 基調講演 「今、なぜ学校にアートが必要か?」
 スピーカー:熊倉敬聡(京都造形芸術大学アートプロデュース学科 教授/文化実践論)
2. 「ダンスリーフの使い方」解説
 スピーカー:飯名尚人(DANCE AND MEDIA JAPAN)
3. デモンストレーション(ダンスリーフを用いた実技指導講座)
 ナビゲーター:セレノグラフィカ(隅地茉歩・阿比留修一)
4. ディスカッション&意見交換
 モデレーター:井手上春香(NPO法人子どもとアーティストの出会い)

★フォーラムにお越しの方への特典!!
申込先着30名様に初回版ダンスリーフ(バインダー+DVDセット)を進呈致します。(教員の方に限らせていただきます)

〔問合・申込〕
JCDN事務局(担当:神前)
TEL 075-361-4685
FAX 075-361-6225
E-mail jcdn@jcdn.org


主催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク
コーディネート:Dance Leaf(ダンスリーフ)共同開発チーム
共催:京都市ユースサービス協会

協力:NPO法人子供とアーティストの出会い、白井麻子(大阪体育大学)、清水幸代(LANDSCAPE)、藤原由香里、モニターにご協力いただいた先生方

映像撮影協力:
セレノグラフィカ/大阪体育大学ダンス部、京都芸術センター、初音館スタジオ、東山青少年活動センター
アオキ裕キ/DANCE STUDIO OOPS!、MK DANCE、村上佳奈、村上明裕
鈴木ユキオ/子ども達芸術活動事業実行委員(福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団)


ダンスリーフ表.jpg
ダンスリーフ裏.jpg




モニター募集中です

2014.7.24

「ダンスリーフ」を実際の現場で使ってみて頂ける先生を募集しています!

実際に授業や研修会等でダンスリーフを使用し、ご意見やご感想をいただける方を10名程度募集します。原則として教員の方のみとさせていただきます。いただいたご意見は初回版にできるだけ反映させていただきます。興味のある方は、下記までお申込みください。折り返しご連絡差し上げます。

問合・申込
JCDN事務局(担当:佐東・神前)
TEL 075-361-4685 FAX 075-361-6225
E-mail jcdn@jcdn.org

モニター募集チラシ.tiff

鈴木ユキオさん、撮影完了しました。

2014.3.24

福岡の子どもたちにダンスを教える鈴木ユキオさんのクラスを撮影。ダンスリーフのコンテンツになります。
鈴木さんのワークショップに集った子どもたちは、小学生から高校生までが参加。ペアワークやグループワークでも、年齢の違いを感じさせない和やかなムードでした。
撮影のためのワークショップ、ということで、なんと4時間もの長いワークショップでしたが、あっという間に終了。子どもたちからも「もっとやりたい!」という感想をもらいました。

ほとんど説明を入れないで進む鈴木ユキオさんの指導法は、子どもたちが自分で何をどうすればいいか考えながら進んでいきます。自分の身体をコントロールしたり、相手の身体を誘導したり、、、結果的にダンスに見えてしまう不思議なクラス。

撮影協力:子ども達芸術活動事業実行委員(福岡市、福岡市教育委員会、福岡市文化芸術振興財団)

IMG_8030.JPG
IMG_7859.JPGIMG_7881.JPGIMG_7902.JPG
IMG_8014.JPGIMG_7997.JPGIMG_8032.JPG

アオキ裕キさん、撮影完了しました。

2014.3.8

ウォーミングアップのやり方、色のイメージや絵を描いて踊りを作ったり、色々なアイディアでクラスが開講。言葉を使って物語を考えるといった演劇的な手法も紹介。1回40分〜50分の授業時間を想定して、4回のクラスを再現してもらいました。子どもたちが常に身体を動かせる流れのあるクラスで、1回のクラスで行うことの目的も明確。そして常にウロウロして、子どもたちに声を掛けながら進めていくアオキ裕キさんが印象的です。

子どもたちに「踊りを考えなさいってアオキ先生に言われて、よく分からなくなっちゃったりしたら、どうするの?」と質問したら、みんな声を揃えて「そういうときは考えるのはあきらめて、踊っちゃう!」という返事が。ダンス本来の面白さが子どもに伝わってるクラスでした。

撮影協力:DANCE STUDIO OOPS! MK DANCE 村上佳奈 村上明裕

DSC_0907.JPG
DSC_0948.JPGDSC_0939.JPGDSC_0988.JPG
DSC_1094.JPGDSC_1109.JPGDSC_1081.JPG